<< ヴィヴィアンヌだ! | main | キレイちゃん >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

カルメンシータ

ラブきゃーきゃー!ラブ
先日観劇した「Calli〜炎の女カルメン〜」が素晴らしくって、興奮気味です!
ハナちゃんの同期:コムちゃん主演の舞台♪ 謝珠栄先生演出です。
謝先生でカルメン→まさに宙組公演「激情」を思い出しますが・・・

前半は「これ、激情!」と驚き。
同じすぎじゃないかしら、なんて思っていたところですが
後半は斬新!! これは新しい・・・。

なるほどなーって思いました。
真実のカルメンを、真実のカルメンを、と打ち出しているだけにもちろん世間一般のカルメン像とは違う、誰も知らないカルメンをこのミュージカルでは表現しているんです。

カルメンといったら魔性の女。
自由奔放で、炎のような情熱をたたえたジプシー。
「あたしの心は空気のように自由でいたかったんだ」と。
それがハナちゃんのカルメンだったけど。
誰の愛も羽ばたくカルメンを射止めることなんてできなかったけど。
このカリィでは・・・。
カルメンがそんなイメージとは全く違う女性に見える。
もちろん自由なのだけど。
俺たちに託されたお前への愛、って〜!
すごーい試みよね。すっごいミュージカルだったと思う!うん、すごい!!!すごいんだってば〜!!!(マドレーヌのボキャブラリーの無さって)

でも、私は従来のカルメン像が好き。
物語としてね。そして憧れとして。
この気持ちは「鳳凰伝」トゥーランドット姫の氷の心が溶けて“魔物”から“人間”になった時に覚えた感情と似ています。

でも、カリィのメッセージはよくわかるなぁ。
−俺たちの一生でほとんどの出来事は見えないところで進んでいる。世の中を区別するのは真実かそうじゃないかでなく、信じられるか、られないかその二つだ。−

はぁぁ。「激情」を見たいのにDVDが実家だよーん。(泣)
とりあえずコムちゃんのおかげでますます「カルメン」大好きになりました。
ああ、おもしろいなあ。
同じ人物を演じてこうも印象が変わるんだなあ。
ハナちゃんのカルメンは絵画っぽい印象。眩しい太陽の光に照らされて。
コムちゃんのカルメンはとことん写実的な印象。燃えあがる炎に囲まれて。
わかります?この例え・・・。
でも伝わってくる“甘美な香り”は同じだったなあ・・・カルメンお見事!

こうして外部で演じられる、ハナちゃんの演じたことのある役を見ると思うこと。
やっぱりハナちゃんは夢の世界・宝塚に咲く花だったんだなと・・・。
リアルさ、グロさ、残酷さ、そういうものとは少ーし離れて、美しい世界の中にしかないソフトカタルシスで深みを魅せる。
でもそれこそが他の舞台で生きると思うのに〜・・・・・・なーんてなーんてうひょひょひょひょ!(←どうした!?)

ところでこの舞台、「3」という数字に非常にこだわりがあります。
3がいっぱいです。バカにならないでください。(ナベアツ!?)

| ** Stage ** | 12:17 | comments(2) | - |

スポンサーサイト

| - | 12:17 | - | - |

Comment

お久しぶりです!
ほんとにほんとにご無沙汰でしたねー。
なんとなくお邪魔したら
更新されていたのでびっくりして早速コメントです♪
(いつもなんとなくふらっと立ち寄ると
更新されていたりして、勘、かしらん)

このカルメン、CSのOGナビの番組でちらっと
お稽古場を見ておりました。
台詞のところどころに、「激情」の香りがするー!
と思っていたらその後朝海&謝対談コーナーがあって
やっぱりそうだったのねー、と思ったのでした。

生の舞台は観ていないけれど
マドさまのいうこと、なんだか分るなー。

ハナちゃんカルメンは
小さな鳥がもっと大きい翼を求め羽ばたき続けた印象。
でも実際のカルメンは生身の女性。動物に例えるなら
本能の赴くままに生きる猫、かなあ。
雌豹でもいいけどなんだかドキドキする響きなので(笑)

話は変わりますが、「実家にDVDがあって観られない」
ってことは、一人暮らしを始めたのかしら?
(勝手な詮索お許しくださいね。)
私も実はこの春引っ越しました!!
怒涛のごとく突き進んだ3ヶ月間って感じで
今ほっと一息ついたそんなときに
マド様に再会できて嬉しいです♪



| らら | 2008/06/14 3:48 PM |

ららさま〜!ご無沙汰してます!

わぁ、なんだかつながっている感じがして嬉しいです。
気まぐれ更新で申し訳ないですけど。

ホセがカルメンを詰所に連れて行く時の、カルメンのロープテク(笑)も同じでした!
ハナちゃんのカルメンは人間離れした精神の持ち主というか崇高なほどに「自由」に思えましたが、今回コムちゃんのカルメンは人間らしいというか・・・女らしく感じました。

あら!ららさまもお引越しされたのですか!
そうでーす。一人暮らしです。
もうひとつご報告すると、留学の件がなくなったんです。
なんだかんだでバタバタと周囲を巻き込みつつ(ハタ迷惑!)、最終的には違う決断をしました。
今は目標のために英語教室に通っています。
こんなところでこんなお話ごめんなさい。

クヨクヨと悩まなくなってきたら、日常ブログも再開させたいなと思っています。

| マド | 2008/06/21 9:43 PM |

Submit Comment