スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

DRACULA伯爵とミーナ

 このお話を伺った時、まさに天にも昇る気持ちといいますか、「すごぉぉぉ〜いっ!!!」と舞いあがってどこか飛んで行きそうになりました。

いつか、いつか・・・こんな時がやってくるのではないかしら
と、思っていたのは私だけではないはずです。

フジテレビさんのイベンタブルにてハナちゃんのコメント動画がUPされています。

・・・変わらない!

あの頃のまま、かわいい。

可愛い可愛いお話の仕方も、年月を一切感じさせないお肌のハリと、清楚な雰囲気と、女優さん的美オーラと・・・何事でしょうね、全く!!

もう、とにかく、凄い。
何があっても、どれだけ経っても、変わらないものってあるんだな・・・。

ミーナはどんな女性なのかな。
楽しみです。

| ** Stage ** | 21:08 | comments(1) | - |

エディット・ピアフ

ディートリッヒ観劇。
観劇してからずっとリリー・マルレーン♪♪♪を口ずさんでしまっていました。

はい!感想を述べます。

ハナちゃんのピアフ

歌姫ですから〜。
パリの酒場にて歌いながら登場!

「あわれなジャン♪」

その歌声は。。。
天空を舞うソプラノヴォイスではなく、しっかり地を踏むような低めの歌声。
そこにまず「おっ?」とビックリしました。

何を隠そう、私にはエディット・ピアフという人物に対する知識が皆無でございました!
今回の観劇でハナちゃんの生み出すピアフを最初の“ピアフ”との出会いにしたかったため、何も予習しなかったの。
今なお世界中にファンがいて、「愛の賛歌」が素晴らしくて、美輪明宏氏が賞賛している人物、、、
というくらいの認識だったのです。^^;

ピアフについては、後日、実際CDを聞いて「ああ、こういうテイストなのね!」と納得。
私、歌姫というワードには、「ファントム」クリスティーヌのような天使の歌声を連想してしまうのですが、なるほどピアフは下町の歌姫。(笑)
洗練さよりも飾らなさ。
美しく差し込む光ではなく、光を浴びようと伸ばした手。
夢よりも生きる力。
そんな印象でした。

驚いたのが、ピアフのCDを聞いた時、舞台で聞いたハナちゃんの歌声と「同じもの」と感じたこと。

正直ね、大勢のファンに怒られることを承知で申し上げますが、私、エディット・ピアフの歌声って好みではないです。(きゃー!)
高音キラキラヴォイスがお好みなので、ピアフとか、あ、ほら美空ひばりさんとか、、、低めで独特な響きって私個人の趣味ではないんですね。
それでも!
ハナちゃんの歌声とピアフの歌声とに通じる共通のもの。
それはとても嬉しかったのです

さてさて話をディートリッヒに戻して。
いきなり2曲歌ってくれるのが嬉しいですね!!
観客席の盛大な拍手が、
「待ってたよー!」
「ハナちゃんやっぱり最高よー!」
「ありがとうー!」
というさまざまな心の声に聞こえました。

ピアフはケラケラ笑って、足も揃えなくて(笑)、それでもすーっごくすーっごく可愛い女性でした。
立っている時、ピアフったら常に両足が肩幅に開いてて〜っ。
気になって気になってしょうがなかった私。

フィナーレでは“ピアフ姿の花總まりさん”なので、ちゃあんとまっすぐ足を揃えていらして、ようやく落ち着いた気分。(笑)
そんな風に「品」からは離れたところにある人物なのに、ハナちゃん自身のもつ気品が下町ピアフをどこか特別な空気をまとった感じにさせています。

お衣裳は黒い膝下丈のAラインドレス。
胸元には紫のお花のコサージュ。
大人っぽいような取り合わせなのに、なぜかカワイイ。
お袖のバルーンが大人なイメージにしすぎないのかしら。
あの髪型、普通の人がしたらサザエさんなのに、ハナちゃんがすればパリジェンヌね。

とにかく可愛いピアフ姫でして。
そう、ハナちゃんが演じたピアフは、ピアフでありながら「姫」キャラなのよね。(笑)
どろどろの不幸部分はあまり見えてこない・・・あら、これって宝塚っぽさ!?

マルセルとのラブラブやりとりは、微笑ましくって可愛らしい。
小っちゃい雀ちゃん〜!!
マルセルの周りをぴいぴい飛んでいるような恋の小鳥ちゃんなの。
そんな小鳥が可愛くって仕方ない風のマルセル氏。

でも。
ぴたっとハマるのは、マレーネとの親友ラブラブシーンでしたわね。(笑)
お菓子をぱくっと口に入れてもらったり、楽しげに歌いながらの掛け合いがもう自然。
超仲のいい姉妹のようなマレーネとピアフでした。

そして愛するマルセルを飛行機事故で失った後のピアフ・・・。
絶望の中、ピアフを立ち上がらせたマレーネの声は深い深い慈しみがこもり、胸が締め付けられました。
やはり、すごい・・・。このお二人は・・・。

舞台上でハナちゃんを見れたことも、和央さんとのゴールデンコンビ健在なことも、何もかも嬉しかったです。

 

| ** Stage ** | 09:34 | comments(6) | - |

スカーレットピンパーネル

見てきました☆★☆★☆★☆★☆
(星組さんゆえに☆マークいっぱい・笑)

さすがワイルドホーンさんと小池先生のタッグ!
さらにトウコさん&あすかちゃんの巧さ、歌唱、ユーモアのセンス!(笑)
素晴らしかったです☆

さりげなくショーヴランが好きだったのに・・・ううう。(涙)
ちょっとキャラがNEVER SAY GOODBYEのアギラールに似てるような?
シリアスな悪役のはずなのに、さらっと出しぬかれる運命・・・。

あの音楽が好きで好きで!ブロードウェイ版のサントラを早速購入しちゃいました♪

でも見ながらやっぱり私はこう思っちゃいました・・・


和央さんとハナちゃんでこの作品を見たかったなあ。


も〜・・・。
たいがい失礼なので、私はまだまだ宝塚離れしていなさいという感じです。
もちろんみんな素晴らしかったんですよ。
でもね・・・スカーレットピンパーネル・・・パーシー、マルグリッド・・・。
本当に和央さんとハナちゃんに演じてほしい役、作品、音楽、だったんですもの〜〜〜!!わーんわーん。
すぐに脳内でイメージがわく感じ。(笑)
「夫婦の会話は家でやれ」byショーヴラン、の場面なんて特に。(笑)

ハナちゃんだったらこんな色のドレスになっていたかなあ〜とか、あの気品がなつかしいなあ〜とか、この時はきっとこんな顔をするんだろうなあ〜とか・・・
私の中で、宝塚トップコンビとしての和央さん・ハナちゃんの面影は完璧なもので、それは根強く深く・・・これから先、宝塚歌劇に満足することはできないのかもしれません。
そんな風になってしまっているなんて本当に申し訳ないし、つまらないと思うので、今を受け入れなければと思うのですけど。

でもトウコさんにしかできないパーシーで、あすかちゃんにしかないマルグリッドであったということは確かですよ☆
トウコさん・・・あんなにギャグタッチでいいのですか・・・?(笑)

| ** Stage ** | 20:58 | comments(1) | - |

カルメンシータ

ラブきゃーきゃー!ラブ
先日観劇した「Calli〜炎の女カルメン〜」が素晴らしくって、興奮気味です!
ハナちゃんの同期:コムちゃん主演の舞台♪ 謝珠栄先生演出です。
謝先生でカルメン→まさに宙組公演「激情」を思い出しますが・・・

前半は「これ、激情!」と驚き。
同じすぎじゃないかしら、なんて思っていたところですが
後半は斬新!! これは新しい・・・。

なるほどなーって思いました。
真実のカルメンを、真実のカルメンを、と打ち出しているだけにもちろん世間一般のカルメン像とは違う、誰も知らないカルメンをこのミュージカルでは表現しているんです。

カルメンといったら魔性の女。
自由奔放で、炎のような情熱をたたえたジプシー。
「あたしの心は空気のように自由でいたかったんだ」と。
それがハナちゃんのカルメンだったけど。
誰の愛も羽ばたくカルメンを射止めることなんてできなかったけど。
このカリィでは・・・。
カルメンがそんなイメージとは全く違う女性に見える。
もちろん自由なのだけど。
俺たちに託されたお前への愛、って〜!
すごーい試みよね。すっごいミュージカルだったと思う!うん、すごい!!!すごいんだってば〜!!!(マドレーヌのボキャブラリーの無さって)

でも、私は従来のカルメン像が好き。
物語としてね。そして憧れとして。
この気持ちは「鳳凰伝」トゥーランドット姫の氷の心が溶けて“魔物”から“人間”になった時に覚えた感情と似ています。

でも、カリィのメッセージはよくわかるなぁ。
−俺たちの一生でほとんどの出来事は見えないところで進んでいる。世の中を区別するのは真実かそうじゃないかでなく、信じられるか、られないかその二つだ。−

はぁぁ。「激情」を見たいのにDVDが実家だよーん。(泣)
とりあえずコムちゃんのおかげでますます「カルメン」大好きになりました。
ああ、おもしろいなあ。
同じ人物を演じてこうも印象が変わるんだなあ。
ハナちゃんのカルメンは絵画っぽい印象。眩しい太陽の光に照らされて。
コムちゃんのカルメンはとことん写実的な印象。燃えあがる炎に囲まれて。
わかります?この例え・・・。
でも伝わってくる“甘美な香り”は同じだったなあ・・・カルメンお見事!

こうして外部で演じられる、ハナちゃんの演じたことのある役を見ると思うこと。
やっぱりハナちゃんは夢の世界・宝塚に咲く花だったんだなと・・・。
リアルさ、グロさ、残酷さ、そういうものとは少ーし離れて、美しい世界の中にしかないソフトカタルシスで深みを魅せる。
でもそれこそが他の舞台で生きると思うのに〜・・・・・・なーんてなーんてうひょひょひょひょ!(←どうした!?)

ところでこの舞台、「3」という数字に非常にこだわりがあります。
3がいっぱいです。バカにならないでください。(ナベアツ!?)

| ** Stage ** | 12:17 | comments(2) | - |

舞姫

久しぶりの青年館♪
花組さんの「舞姫」を見ました。

目的はもちろんエリス。
「憧れの娘役は花總まりさん」とインタビューでお答えになっていた野乃すみ花さんです。
(それで勝手に好感をもっている・笑)
和央&花總コンビ卒業後の宝塚からは遠のきがちでしたが(ゴメン)、そんな私の耳にまですみ花ちゃんの評判の良さは入ってきていましたもの。
・・・そんな娘役さん、気になるわっ!ってことで。


期待のエリスは、清らかでした。
さやさやさや・・・とした声がとても印象的。
まさにさやか水。
小川をさやさやと流れる純水の声でした。
野に咲く花のよう、と作中でも言われていますが本当にそうね!

同じ形容をされる役として、ハナちゃんの清らかなクリスティーヌ(『ファントム』より)が思い当たるのだけど・・・・・・
今回、

ハナちゃんを思い出さなかったことが私には進歩。

魅力的な役を見ると、誰を見ても、どの役を見ても、「ハナちゃんならこうなっていたかな」「ハナちゃんならこんな顔をしたかな」・・・そればかり考えてしまっていたのに。
むしろ舞台を見ながらその役をずっとハナちゃんに脳内変換していたこともあるのに。
エリスにはハナちゃんを重ねなかったんです。
あの透明な白い役にハナちゃんを思わせなかったなんて・・・
それってスゴイすみ花ちゃんパワーだと感じました。私はね。^^;

このブログを読んでくださっているハナちゃんファンの方が「ハナちゃんを思い出すのは、すみ花ちゃんのお芝居だけ。」とお話してくれたことがありました。
だから私は、ハナちゃんのあの演技ということすらもったいないくらいの演技力を楽しみにすみ花ちゃんを見に行ったというのもあるんです。
でもでも、私の場合は逆でしたね〜。
ハナちゃんばかり思い出してしまう自分だったのに、すみ花ちゃんの魅力で今の舞台を楽しませてもらえました。
さやさやとした透明感と、パラノイアを引き起こした時の背筋がぞっとする感覚、印象深かったです。もっと見ていたくなる娘役さんでしたよ〜!役の幅が計り知れなさそう。
これから要チェックで!


という風に感動はしたものの、、、
舞姫ね〜、楽しかったのですが。エリスはとても可愛らしかったのですが。
男に捨てられたくらいで病まないでほしい。(バッサリ)
厄介な女だな〜っていうのが正直な感想です・・・。
みんな現実に苦しんだり悩んだりしながら頑張って生きてるんだからねっ。
ちょっと・・・私にはそこだけがすっきりしない・・・。
観劇後はみーんな感動していたのに、こんなこと思ったの私だけかしら。
うぅ〜、高尚な日本文学を解せぬ現代っ子になってしまったのかも!?
冷たい女でごめんなさい。うふ。

| ** Stage ** | 18:05 | comments(3) | - |

バレンシアの熱いハナ

タニちゃん&華ちゃん率いる新生・宙組公演。
『バレンシアの熱い花』!!
見ながらついついハナちゃんの残した面影を・・・というよりお衣装を、追ってしまいました。
私はいつも、なんでも美しく着こなしてくれるハナちゃんに見とれていました。
そんな思い入れあるハナ衣装たちをチェックです☆

1着目
貴族のダンスパーティー、となると即座にドレスチェックをしてしまう私。
はいっ。メルトゥイユ侯爵夫人発見でーす!
『仮面のロマネスク』ラストに着ていた上品な薄ピンクのドレス。
上手側の端にいる貴族のご婦人が着用しています。

2着目
同じくダンスパーティーにて。
『うたかたの恋』マリー・ヴェッツェラ発見〜!
ルドルフと出会った時に着ていた水色のドレスです。
スカート部分が少し手直ししてあるように見えました。

3着目
私の大好きなマルガリータちゃん♪
和音美桜ちゃん演じるマルガリータが『白昼の稲妻』ヴィヴィアンヌのレースやお花の地模様たっぷりのピンク色ドレスをご着用です。
マルガリータちゃんが引き継いでくれて嬉しいです!

4着目
お祭り。『シトラスの風』の水玉ラテン衣装がわんさか〜。
ハナちゃんが着ていた赤+黒+ゴールドの水玉ドレスも発見です。

5着目+6着目
私の大好きなシルヴィア♪
美羽あさひちゃん演じるシルヴィアがなーんとハナちゃんセットを。(笑)
まず宙組『エリザベート』の薄紫ガウン。「子どもを返して!」の場面ですね。
その下には『ファントム』クリスティーヌの白ドレス。
ベッドでお目覚めの場面にて着用の襟元レースのドレスです。
これらをシルヴィアに着せてくれたことが嬉しい!

7着目
こちらは・・・ケープ?羽織り物?
陽月華ちゃん演じますヒロイン、イサベラが『激情』カルメンの黒地に薔薇柄の布を肩にかけています。よくお似合い!
(もっと言うとイサベラはポスターでもカルメンの紅ドレスを着ています♪)

以上でしたっ。
衣装チェックはやめられません〜。
もちろんお芝居だってしっかり見ていますともっ。
その感想は日常ブログに書く予定。 ではでは☆

| ** Stage ** | 01:00 | comments(0) | - |

NEW YOKA 2007 Rockin' Broadway ~ Fashion ~

ハナちゃんファッションチェック☆ in 和央コン!!

とはいえ、ごめんなさい!!
お芝居とは違ってライブです。
そして会場がとてつもなく広いです。
さらに1度だけの観劇。
しょ、詳細なところまではよく見えてません・・・。
DVD発売後、記憶違いがどれだけあったか採点してみましょうねっ。(笑)

それぞれ勝手な呼び名をつけました。

ヾ飮獲聖辧覆泙襪笋泙燭こ)ちゃん。ぴかぴか
ひっつめお団子。前髪も後れ毛も出さずぴちっとお団子!
映画『ピアノの森』をコンサートの2日前に見たからか、その映画に出てくるお嬢様:丸山誉子ちゃんみたいだと思いました。こんな髪型していたの。(公式HPを見るとわかりますでしょ。)
ボックス型の黒いワンピにグレーのレギンス、黒いぺたんこ靴。(に見えた。)
ちょっと部屋着みたい、と思ったのは私だけ?
くつろぎファッションのように見えました。気のせい!?

南国フルーツ。ぴかぴか
赤いふりふりミニドレス。
ムーランルージュの踊り子さんがスカートをふりふりするような・・・のとは違うけれど、ふりふりするととっても可愛いボリュームありのドレス。
髪はふわふわスパイラルカールで短めツインにしてます。可愛いぞ〜っ!!
赤、黄色、鮮やか色のお花がたくさんついた緑の帽子を斜めにのっけてます。(帽子???)
南の島のお花ちゃんみたい。ラテンでハワイアンなドレス。
とにかく可愛らしくて少女のようだったのですが、ダンスでふとした時にセクシィ美女の面がチラ見えでした。

パリコレの花嫁。ぴかぴか
こーれーだぁぁぁ〜っ!!!
美しい花總さん。あの無垢な美しさ! 雪の精のお人形さん!
凝ったデザインの純白ドレスです。
長い髪は自然におろしています。頭に白いふわふわの綿がのってる。雪みたい。
ドレスはノースリーブ。
丈の短いふわふわベスト?つきの斬新なデザイン。ファーだったかしら???
フェミニンなのだけど媚びすぎない感じ。
フリルやレースで見せるフェミニンとは違うんです。
真綿のふわふわ感や、やわらかなライン使いでフェミニンを表している感じよ。
細い腕に白い手袋。
スカート部分はドレープ使いが大胆で、非常にパリコレっぽい。
重量感のありそうなドレスに見えたけれど、くるくるリフトされていたから軽そう。
ウェディングドレスに見えたのですが・・・どきどき。

ぅレオパトラぴかぴか
とみんな呼んでる。(笑)
胸元切り替えのエンパイア型ロングのピンクドレス。
キラキラピンクです。
胸元にはブルーが入っていたかな? スカートの裾辺りにも色が入っていたかしら?
髪はクレオパトラのようなボブ。ティアラのように銀のキラキラで飾った黒髪。
やっぱりハナちゃんはお姫様だ〜!!
この気品、健在です!
御輿の上が似合うっ。羽扇が似合うっ。エスコートされるのが似合うっ。
綺麗すぎて、姫すぎて、座席に感謝!(私の席は、客席から登場するハナちゃんをとても近くで見られる場所でした☆)

μ覿ワンピぴかぴか
短い黒ボレロにAライン膝丈黒ワンピ。
・・・紺のような黒のような・・・。多分黒!?
髪型はお嬢ヘア。(髪を下ろして上側だけすくって結ぶやつ。)
このワンピがキラキラしていて星空みたいだと感じたから、夜空ワンピ。
和央さんの黒いお衣装とうまーく対をなす衣装です。
とても可愛い。そして上品。そして綺麗!


NEW YOKA Tシャツにハーフ丈のデニム。ぴかぴか
・・・これは呼び名は特にナシ。(笑)
斜めわけの前髪にサラ髪をおろしています。
非常にナチュラルビューティー。
このまま打ち上げまで和央さんとずっとペアルックなのでした・・・。(笑)
(↑コンサート出演ダンサー:いいめぐさんのブログより。お写真出てます♪きれいなお姉さんハナちゃんです。)

以上っ。
早くDVDでもっとファッションチェックしたいですっ♪

| ** Stage ** | 21:09 | comments(0) | - |

NEW YOKA 2007 Rockin' Broadway

1週間経ちましたが、先日は和央ようかコンサートでした。
詳細な感想は日常ブログにあり。

実はハナちゃんとの再会も少し怖かったのだけど。
ハナちゃんの言葉は聞こえてこないから、あの純粋な生き方をそのまま受け止めるしかないんです。それも私にできるのかどうか少し不安で。
でも・・・変わっていないのね。
遠くにいるからわからないことは多いけど、あの時のままなのね。

コンサートはとても幸せな時間でした!

和央さんが「花總まり」を大事にしてくれているのがわかったし、
I love you, I want you, I need you, なのもわかったし(笑)、
ハナちゃんが舞台に立っていると感じられたことが嬉しかったのです。

前回の YOKA WAO CONCERT は、楽しかったけれど、あの時は“ハナちゃんは和央さんと一緒に踊るためだけに出演している”ように感じられたんです。
和央さんの相手役として。ひたすらそのために。
でも、今回のコンサートはハナちゃんがハナちゃんの美しさ、可愛さ、歌声を盛大に披露してくれました。舞台人の花總まりが垣間見れた。満足☆
やっぱりスタンスとしては和央さんの相手役なのですが(笑)、なんだかもうそこから自然に確立されている感じ? NEW 花總まりが。
ハナちゃんが出ていない時間を長く感じなかったの!
ってそんなこといったら和央さんファンに怒られちゃいますかね。
あ、でも私だって和央さんファンですしね。
じゃあ自分で自分に怒りましょうかね。 コラッ!!
(何だこれ)

| ** Stage ** | 20:23 | comments(0) | - |

| 1/1PAGES |